捕虜とはどんな生活?イスラム国で拘束される意味をわかりやすくシリーズ

ヨルダン人パイロットの処刑動画が怖い方に向けてイラストで再現してまとめました

イスラム国に人質として捉われている後藤健二氏のメッセージは世界に流れている。後藤氏は長時間の拘束をされており、心身ともに疲弊している事が予想され一刻も早い救出をせねば大惨事になることは目に見えて分かる。

特に、イスラム国に捕虜として捕えられてしまった場合の待遇は非常に冷たいと言われており、人権団体などは捕虜であろうと最低限度の扱いは守るべきだと声明を出す事もしばしば。今回のような人質を取る行為は言語道断であるが、同時に捕虜としての扱いも重要となる。

テレビなどを見ていると、後藤氏との交換条件などが報道されるばかりで、捕虜である状態にある彼の状態は全く触れられないのはお気づきだろうか?それには過酷な捕虜事情が、報道に規制をかけている面もある。

今回は、イスラム国の捕虜になった場合はどんな扱いを受けるのかにスポットを当ててみた。

「捕虜とはどんな生活?イスラム国で拘束される意味をわかりやすくシリーズ」の続きを読む…

世界